ロードサイドで500坪の土地を賃借し、あと2店舗出店したい。

  • 不動産活用事例
ロードサイドで500坪の土地を賃借し、あと2店舗出店したい。

ご依頼内容

業務スーパーG社様は本土の物販業で、那覇市、浦添市、沖縄市の3か所で物販業をしているが、あと2店舗出店したい(本島南部に1店舗、中部に1店舗。)

お客様の抱えていた課題

1. 自社用地がなく新しい土地が必要だが、購入ではなく賃借したい。
2. ロードサイドで500坪(南風原町、宜野湾市)が必要。

弊社が提案した解決策

1. 与那原町で土地活用を検討している地主A様の土地と、他2名(B様、C様)の土地を合わせて、500坪確保できる土地をマッチング。
2. 依頼された地主A様が建築して、G社様へ賃貸(建て貸し、G社建設協力金。)B様、C様の土地がロードサイド入り口に面していた為、G社と直接、土地賃借契約を交わした。

組み立て概要図

解決策による経済効果

1. 土地を取得することなく、賃貸借で出店することができた(イニシャルコストを最小限に抑えられた。)
2. 出店意向の地域ではなかったが、那覇近郊ということもあり、売上予測に目途がたった。
3. 建物の所有による、維持管理コストや手間がかからずに済んだ。