大鏡CREマネジメント研究所

大鏡CREマネジメント研究所とは


『沖縄県内の企業不動産(所有・取得・賃借・売却)=CRE を通して、企業価値を向上させる』 ことを目的として結成いたしました。

企業不動産といっても、現在所有している不動産の活用のみならず、
1. 今後不動産を取得して活用したい
2. 不動産を賃借して新たなビジネスを模索したい
3. 所有している不動産を売却して本業に活かしたい
等、各社様々だと思います。

経営戦略の視点で、企業不動産をどのように再編し、どう活かしたほうが『企業価値を向上させる』ことにつながるのか、総合的に組み立てご提案いたします。

「導入の効果と企業における不動産事業について」はこちら

CREマネジメントを行う3つの目的とは


CREマネジメントを行う目的は、それぞれの企業の経営戦略によって異なりますが、大きく3つに分けることができます。

1. 売上・利益の向上

遊休地を活用した賃貸事業を行うことで、不動産の利用価値を上げ、将来生み出すキャッシュフローを増加させます。売上・利益向上の目的を達成する場合もあります。

2. 財務対策

収益を生み出さない低利用地と遊休地になっている不動産を売却し、その収益を別の事業に投資することで財務体質の強化を図ります。

3. 税務対策

また、2.の財務対策と3.の税務対策を同時に合わせて検討し、事業承継に活かします。
(※事業承継とは)

各企業が経営戦略上 何を目的にするかで、CREマネジメントのアクションとその効果も異なります。

CREマネジメント提案の視点


各企業のCREマネジメントの目的に対して、企業不動産を最適化・最大化し 企業価値の向上へとつなげるためには多角的な視点による統合的なプランニングが必要です。
大鏡CREマネジメント研究所では 【財務・経営・不動産】の3つの視点から考え、最適なアクションプランをご提案いたします。

大鏡CREマネジメント 提案の視点

当研究所が行うCREマネジメントとは


当研究所では、沖縄県内で長年にわたり培った土地活用での実績とノウハウを活かし、また 地域に根ざした各専門のエキスパート(かりゆし倶楽部パートナーズ)と連携することで、貴社のCREマネジメントを構築いたします。

大鏡CREマネジメント研究所 ワンストップサービス体制

大鏡CREマネジメントサイクル


企業不動産=CRE を用いて『企業価値を向上させる』には、以下のマネジメントサイクルの構築が必須です。

CRE戦略 Step1 目的の明確化

貴社の目的をお聞きし、「やりたいこと」「目指していること」を明確にすることからCREマネジメントはスタートします。

CRE戦略 Step2 現状把握(不動産、財務、税務)

CREマネジメントを構築するためには、現状把握(不動産、財務、税務)が欠かせません。貴社の不動産状況、財務状況、税務状況を把握した上で、課題点をつかみステップ3のプランニングに反映いたします。

CRe戦略 Step3 目的に沿ったプランニング(計画立案)

ステップ1とステップ2を踏まえ、中長期的なシュミレーションを行ない、課題解決に向けたプランニングをご提案いたします。

CRE戦略 Step4 アクション

プランニングを実施する際には大鏡CREワンストップサービスで全面的にサポートいたします。

CRE戦略 Step5 効果の検証

改善を図りながら貴社のCREマネジメントサイクルを構築します。

課題解決のためのサービスメニュー


貴社にとっての経営課題を解決するために以下のサービスをご用意しました。
当研究所がワンストップ体制でサポート致します。

  • 企業不動産 CRE戦略メニュー|企業不動産の最適化
  • CRE戦略メニュー|企業不動産の有効活用
  • CRE戦略メニュー|不動産を取得して活用する
  • CRE戦略メニュー|企業不動産の売却
  • CRE戦略メニュー|投資用物件の購入
  • CRE戦略メニュー|その他 CREマネジメント戦略に付随するサービス

CREフォーシーズンセミナー(年4回)開催やCREマネジメントに関する最新情報の発信、案内


弊社ネットワークを通じて、不動産・住宅・建築関連の専門家によるセミナーの開催やコラムの掲載など、CREに関する最新の情報など 企業様のお役に立てる情報の発信・共有をしていきます。

大鏡CREセミナー 案内
CRE(企業不動産)コラム