大鏡CREマネジメント研究所
企業不動産=CRE戦略による企業価値向上をサポート!

道路各幅で新設してホテル業を継続できるのか


依頼内容


県道の街路拡幅工事のため、敷地面積が50坪ほど道路に収用され解体される予定。
新設して現ホテル業として維持できるかどうかとの依頼。

問題点・課題点


1. 道路拡幅により建替えになった場合、本業のホテル経営を継続するボリュームが確保できない。
(部屋数の問題、大浴場、レストランが取れない)
2. 土地の名義がB社のみでなく、複数の共有名義になっていた。
3. その他

提案内容


1. 建て替えた場合、ホテル業としては採算が合わないため、別方法でも活用を打診。
2. 近隣で某医療法人Z社が営んでいる老人介護施設が手狭になり移転先を探していた。
  その施設に賃貸した場合でのシュミレーションを行った。
3. 土地の賃貸では、思うほどの収益を確保できないため、建て貸しによる賃貸経営を勧めた。
4. 条件交渉の中で、医療法人Z社に建設協力金の打診協議を行った。

マネジメント概要図(組み立て)


大鏡CREマネジメント導入事例 2 社有地(遊休地)の活用 マネジメント組み込み図 02

経済的効果(経営改善)


1. 土地が良かったため、希望通りの賃料交渉を行えた。
2. ホテルB社を解散し、新設法人を設け新体制へ移行。(複雑な権利関係株を清算)
3. 土地が関係者以外の敷地もあったので、一部 土地の買い取りを行い 整理できた。
4. 建設協力金も協議できたので、総投資額を抑えることができた。
5. 新設法人が賃貸業の見通しがついたことで、次のホテル業での展望を考えることができるようになった。


大鏡CREマネジメント 導入事例一覧に戻る