【企業の不動産活用と これからの社宅の在り方】大鏡CRE フォーシーズンセミナーVol.5 報告

人材確保に効果的な企業不動産活用とは

大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンズセミナー vol.5 が 11月20日(火)沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)にて開催され、人材確保に効果的な企業不動産活用について取り組もうとしている沖縄県内企業様(10社)にお越しいただきました。

第1部「企業の不動産活用と これからの社宅の在り方」

大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

 

第1部では、経営コンサルタントで不動産エコノミストの第一人者である 吉崎誠二氏を講師に迎え、最新データを使った全国と沖縄の不動産市況解説や、企業の不動産戦略の考え方、採用力向上のための不動産戦略、社宅・福利厚生のこれからの在り方などについて講演いただきました。

大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

不動産を「持たない」経営から「持つ」経営へ

2000年代前半は、不動産を「持たない」経営が多く、持たざる経営、合理的な経営が行われていたと想定されます。
しかし 最近では「持つ」経営へと変化しています。不要な不動産、使っていない不動産、またはあまり効果的に使われていない不動産は思い切って処分する。一方で、本業以外の収益としての不動産賃料収入を得ている企業が多くなっています。

中小企業とCRE戦略

沖縄では他県に比べ ファミリー企業が多いのが特徴ですが、その多くは中小企業です。
ファミリー企業の場合、所有する不動産の垣根(オーナーのものなのか、会社のものなのか)が曖昧であることも多く、自前でCRE戦略を良い結果に結びつけることが難しくなっています。

企業の採用戦略と不動産のあり方

企業が人材を「選ぶ」時代から、企業が「選ばれる」時代へと変化してきています。「選ばれる企業」になる必要性があるのです。
「選ばれる企業」になるには、2大要素があります。

  • 給与・待遇
  • 安定性・成長性
  • その他、仕事(オフィス)の環境や、従業員の給与以外での待遇も 大きなポイントになっており、

  • 社宅を用意する
  • 住居手当をつける
  • といった企業が とても増えています。
    そのため、一時期減少した社宅が今 どんどん増えています。

    不動産を「持たない」経営から「持つ」経営へとなっているのも、自社所有の不動産を活用し 収益を得ている以外に、
    こうした社宅の必要性という時代背景も 影響しているのかもしれません。

    社宅が採用活動に与える影響、社宅の利用動向、新しい社宅のかたち

    今回 参考にしたデータでは、寮・社宅を福利厚生として提供していることが採用につながったと感じている企業が半数近くにも及び、今後、新たに 寮・社宅を増やしていきたい、という意欲を持つ企業も多いということが分かり、今後も ますます増える可能性が予想されます。

    時代と共に、社宅の形体も変化しており、
    自前で建てるだけでなく、アパートなどの一棟借りや、複数企業で合同で使う混合社宅、社宅の一部を賃貸住宅にし収益を得る など様々です。

    パートナー企業選びが大切

    最後に、CRE戦略のパートナー選びについて。
    企業の不動産戦略は、”今すぐ” でないことが多いので、普段から 長期的にパートナーシップを結んでおくことが大切です。
    いざ 必要に迫られた際に、単純な「売り・買い」ではないので、財務状況などを含めた経営的な戦略を常日頃からわかっておいてもらう必要があるからです。

    欧米では、弁護士のように 企業が顧問契約を結んでいるケースが多いのは そういった理由からなのでしょう。

    そしてポイントは、「個人(担当者)」ではなく「企業」で選ぶということ。
    その企業が関わった事例はどうか(専門性) や、ずっと存続していける力のある企業なのかどうか(企業力)。

    「売りましょう」「買いましょう」ではなくて、経営戦略と関連づけたアドバイスをしてくれるかどうか、が大切なのです。

    第2部「パネルディスカッション」吉崎誠二氏 × 大鏡建設 入石垣 佑浩

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

     

    第2部は、吉崎誠二氏と大鏡CREマネジメント研究所 入石垣(大鏡建設)によるパネルディスカッション。
    第1部で CRE(企業不動産)や社宅活用について学んだ後は、実際にこれまで大鏡建設が手掛けたCREマネジメント事例をご紹介しながらのディスカッションです。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

     

    大鏡建設が手掛けた CREマネジメントの事例をいくつか ご紹介しました。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

     

    今回も、実際の写真(CRE導入前・導入後など)を交えながら、

  • 依頼内容
  • 問題点・課題点
  • 提案内容(問題点・課題点をふまえ どのような提案を行ったか)
  • CREマネジメント組み立て図
  • 結果、どのような効果がでたのか
  • という 5つのポイントで入石垣より説明させていただき、吉崎誠二氏には不動産エコノミストの目線からコメントをいただきながらのディスカッションです。

    今回は、低利用地の活用により 老朽化した建物を建て替え、家賃収入UPによりキャッシュフローの改善に成功した事例などの他、大鏡建設の社宅管理代行サービスについてもご紹介させていただきました。

    参加企業の皆様からは、具体的な質問なども多く声をあげていただき、有意義なディスカッションとなりました。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

     

    その他 大鏡CREマネジメント研究所の概要・取り組みのご紹介

    最後に、大鏡CREの取り組みについてのご案内させていただき、

    どのようなフローで、どのようなデータをもとにマネジメントしていくのか、
    その企業のどこを「企業価値」として見出していくのか、をご説明させていただきました。

    参加企業様からの声(アンケートより抜粋)

    参加企業様に回答いただいたアンケートでは、

    「働き方改革を進めていくなか、社宅について検討する必要性があると思った。」

    「CREの概念に触れることができ、理解できた。」

    「事例紹介・ディスカッション・質問等で理解が深まった。」

    「自社の土地をもっと有効活用したいので、ぜひアドバイスが欲しい。」

    などのご感想をいただきました。ありがとうございました!

    また、
    参加企業様の興味関心がある事 をおたずねしたところ、

    ・自社不動産の有効活用について(社宅・倉庫・民泊・事務所移転・賃貸マンションなど)
    ・不動産を使って財務内容の改善・向上
    ・人材確保対策(事業規模の拡大・福利厚生の充実・その他)
    ・事業所数の拡大

    といった点に関心が集まっている企業様が多かったです。

    皆様 お忙しい中、ご参加いただきまして誠にありがとうございました!

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

    次回 フォーシーズンセミナー開催について

    次回の大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.6 は以下で予定しております。

    ■ 大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.6
    日時:2019年5月下旬(予定)
    場所:沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)予定

    内容等 くわしくは 大鏡CREマネジメント研究所webサイトのほか、公式facebook、公式twitter でご案内させていただきます。

    公式facebook

    公式twitter

    facebook や twitter では、セミナー情報のほか、CREに関するコラム・最新情報などを発信しております。
    ぜひ、いいね!やフォローをお願いいたします。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol5|人材採用力をアップする社宅戦略 企業の不動産活用とこれからの社宅の在り方 vol.5 2018年11月20日

    【中小企業が行う業績向上のための不動産戦略】大鏡CRE フォーシーズンセミナーVol.4 報告

    不動産を通じて「企業価値の向上を図る」CRE戦略とは

    大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンズセミナー vol.4 が 8月23日(木)沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)にて開催され、自社不動産の活用や不動産を活用し財務内容の改善や向上など CRE(企業不動産)戦略について取り組もうとしている沖縄県内企業様(11社)にお越しいただきました。

    第1部「企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意」

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    第1部では、経営コンサルタントで不動産エコノミストの第一人者である 吉崎誠二氏を講師に迎え、最新データを使った全国と沖縄の不動産市況解説や、企業の不動産戦略の考え方、企業が所有する不動産の有効活用の具体策などについて講演いただきました。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    不動産を「持たない」経営から「持つ」経営へ

    2000年代前半は、不動産を「持たない」経営が多く、持たざる経営、合理的な経営が行われていたと想定されます。
    しかし 最近では「持つ」経営へと変化しています。不要な不動産、使っていない不動産、またはあまり効果的に使われていない不動産は思い切って処分する。一方で、本業以外の収益としての不動産賃料収入を得ている企業が多くなっているのです。

    賃貸住宅需要と賃貸住宅経営、不動産投資について

    日本全体の人口は減少傾向にありますが、将来世帯数・将来単身世帯数予測データによると、沖縄県においては2035年くらいまでは上昇傾向にあります。
    また、他の都道府県に本社を置く事業所数データによると、那覇市が全国で 増加率トップとなっています。
    これは、那覇市に支社が増えている=本社から赴任してくる人も増えている ことを表しています。

    つまり、この2つのデータから、沖縄県においては、賃貸住宅の需要が増えるということが予想され、
    インフレに強い賃貸経営ということも、企業の不動産活用において有効になることが考えられます。

    パートナー企業選びが大切

    最後に、CRE戦略のパートナー選びについて。
    企業の不動産戦略は、”今すぐ” でないことが多いので、普段からのつきあいが大切になってきます。
    そしてポイントは、「個人」ではなく「企業」で選ぶということ。
    その企業が関わった事例はどうか や、ずっと存続していける力のある企業なのかどうか。

    「売りましょう」「買いましょう」ではなくて、経営戦略と関連づけたアドバイスをしてくれるかどうか、が大切なのです。

    第2部「パネルディスカッション」吉崎誠二氏 × 大鏡建設 波平正弓

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|パネルディスカッション 吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    第2部は、吉崎誠二氏と大鏡CREマネジメント研究所 波平(大鏡建設)によるパネルディスカッション。
    第1部で CRE(企業不動産)について学んだ後は、実際にこれまで大鏡建設が手掛けたCREマネジメント事例をご紹介しながらのディスカッションです。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|パネルディスカッション 吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    大鏡建設が手掛けた CREマネジメントの事例をいくつか ご紹介しました。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|パネルディスカッション 吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    今回も、実際の写真(CRE導入前・導入後など)を交えながら、

  • 依頼内容
  • 問題点・課題点
  • 提案内容(問題点・課題点をふまえ どのような提案を行ったか)
  • CREマネジメント組み立て図
  • 結果、どのような効果がでたのか
  • という 5つのポイントで波平より説明させていただき、吉崎誠二氏には不動産エコノミストの目線からコメントをいただきながらのディスカッションです。

    大鏡建設では、これまで数多くのCREマネジメントをさせていただきましたが、改めて企業の不動産活用の方法は様々であることがわかります。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|パネルディスカッション 吉崎誠二氏 大鏡建設

     

    その他 大鏡CREマネジメント研究所の概要・取り組みのご紹介

    最後に、大鏡CREの取り組みについてのご案内させていただき、

    どのようなフローで、どのようなデータをもとにマネジメントしていくのか、
    その企業のどこを「企業価値」として見出していくのか、をご説明させていただきました。

    参加企業様からの声(アンケートより抜粋)

    参加企業様に回答いただいたアンケートでは、

    「遊休地、低利用地活用事例等があり 理解しやすかった」

    「初めて聞く内容で、興味深かった。」

    「不動産事業 戦略の糸口が見えた。」

    「具体的事例の紹介があり、理解が生まれた」

    などのご意見をいただきました。ありがとうございました!

    また、
    参加企業様の興味関心がある事 をおたずねしたところ、

    ・自社不動産の有効活用について(取得、賃貸、売却)
    ・不動産を使って財務内容の改善・向上
    ・事業承継時の不動産の引継ぎ

    といった点に関心が集まっている企業様が多かったです。

    具体的には、

    「今の工場が狭くなったので新しく物件がほしい」

    「事務所移転後の旧本社の土地・建物の活用を考えている」

    などのコメントも頂戴しています。

    皆様 旧盆期間中のお忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございました!

    次回 フォーシーズンセミナー開催について

    次回の大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.5 は以下で予定しております。

    ■ 大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.5
    日時:2018年11月20日(火)14:00~ (予定)
    場所:沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)予定

    内容等 くわしくは 大鏡CREマネジメント研究所webサイトのほか、公式facebook、公式twitter でご案内させていただきます。

    公式facebook

    公式twitter

    facebook や twitter では、セミナー情報のほか、CREに関するコラム・最新情報などを発信しております。
    ぜひ、いいね!やフォローをお願いいたします。

    大鏡CRE 法人向け不動産活用セミナーvol4|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略セミナーvol.4 2018年8月23日|吉崎誠二氏 大鏡建設

    【中小企業が行う業績向上のための不動産戦略】大鏡CRE フォーシーズンセミナーVol.3 報告

    不動産を通じて「企業価値の向上を図る」CRE戦略とは

    大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンズセミナー vol.3 が 5月23日(水)沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)にて開催され、自社不動産の活用や不動産を活用し財務内容の改善や向上など CRE(企業不動産)戦略について取り組もうとしている沖縄県内企業様(20社)にお越しいただきました。

    第1部「企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意」

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略|講師 不動産エコノミスト 吉崎誠二氏

     

    第1部では、経営コンサルタントで不動産エコノミストの第一人者である 吉崎誠二氏を講師に迎え、全国と沖縄の不動産市況分析や企業不動産(CRE)の現状、なぜいま企業は積極的に不動産投資を行うのか、などについて講演いただきました。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略

     

    CRE(企業不動産)戦略とは何か、具体的にどういったアクションが必要なのか、依頼するパートナー企業はどんな企業がよいのか、また 不動産を活用した経営安定化戦略についてもお話いただきました。

    会社の事業にはライフサイクルがあり、世の中の流れや時代の変化により成長期・成熟期があれば 衰退期もやがてやってきます。
    そうした 事業のライフサイクルを見据えながら 経営を安定化させるには、所有する不動産の活用が欠かせません。

    例えば、遊休地や低利用地を活用し、住宅やテナントとして賃貸することで 定期的に賃料を得られ、
    本業が多少 落ち込んでしまったときにも 賃料収入があることで経営を安定化させることができるからです。
    住宅などの賃料は インフラ時にもさほど影響を受けない傾向にあるという点がポイントになります。

    第2部「パネルディスカッション」吉崎誠二氏 × 大鏡建設 謝花喜彦

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

     

    第2部は、吉崎誠二氏と大鏡CREマネジメント研究所 謝花(大鏡建設)によるパネルディスカッション。
    第1部で CRE(企業不動産)について学んだ後は、実際にこれまで大鏡建設が手掛けたCREマネジメント事例をご紹介しながらのディスカッションです。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

     

    CREマネジメントとして いくつかの事例を中心にご紹介しました。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略[spacing height=

     

    今回も、実際の写真(CRE導入前・導入後など)を交えながら、

  • 依頼内容
  • 問題点・課題点
  • 提案内容(問題点・課題点をふまえ どのような提案を行ったか)
  • CREマネジメント組み立て図
  • 結果、どのような効果がでたのか
  • という 5つのポイントで謝花より説明させていただき、吉崎誠二氏には不動産エコノミストの目線からコメントをいただきながらのディスカッションです。

    大鏡建設では、これまで数多くのCREマネジメントをさせていただきましたが、改めて企業の不動産活用の方法は様々であることがわかります。

     

    その他 大鏡CREマネジメント研究所の提案資料・レポートのご紹介

    最後に、大鏡CREの取り組みについてのご案内や、実際にCREマネジメントを導入する際の
    ・ヒアリングシート
    ・各種分析シート(現状分析、経営分析等)
    などをご紹介し、

    どのようなフローで、どのようなデータをもとにマネジメントしていくのか、
    その企業のどこを「企業価値」として見出していくのか、をご説明させていただきました。

    参加企業様からの声(アンケートより抜粋)

    参加企業様に回答いただいたアンケートでは、

    「インフレになっても 経営を安定化することが可能だということがわかった。」

    「全く初めてなので 不動産について少し分かり ためになった。」

    「具体的で分かりやすく とてもよかったです。また次回も参加したい。」

    「CREについての理解が深まりました。」

    「実例がわかりやすかった。」

    「不動産活用で多角化、経営の安定化 という部分が気になった。」

    「前回の内容を踏まえながら 違がった視点から話を聞けたのがよかった」

    「企業価値を高めるため不動産戦略が必要と感じられた。事例を交えての説明が分かりやすかった」

    「現在のマーケットの内容が知れてよかった」

    などのご意見をいただきました。ありがとうございました!

    また、
    参加企業様の興味関心がある事 をおたずねしたところ、

    ・不動産を使って財務内容の改善・向上
    ・自社不動産の有効活用について(取得、賃貸、売却)
    ・事業承継時の不動産の引継ぎ

    といった点に関心が集まっている企業様が多かったです。

    その他、次回以降のセミナー内容について 貴重なご意見を頂戴しました。

    ありがとうございました!

    次回 フォーシーズンセミナー開催について

    次回の大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.4 は以下で予定しております。

    ■ 大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.4
    日時:2018年7月24日(火)14:00~ (予定)
    場所:沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)予定

    内容等 くわしくは 大鏡CREマネジメント研究所webサイトのほか、公式facebook、公式twitter でご案内させていただきます。

    公式facebook

    公式twitter

    facebook や twitter では、セミナー情報のほか、CREに関するコラム・最新情報などを発信しております。
    ぜひ、いいね!やフォローをお願いいたします。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.3|中小企業が行う業績向上のための不動産戦略

    【企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意】大鏡CRE フォーシーズンセミナーVol.2 報告

    不動産戦略で「企業価値を高める」CRE戦略とは

    大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンズセミナー vol.2 が 2月21日(水)沖縄産業支援センター 3F(中ホール)にて開催され、保有不動産の活用や投資など CRE(企業不動産)戦略について取り組もうとしている沖縄県内企業様(14社)にお越しいただきました。

    第1部「企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意」

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意|講師 不動産エコノミスト 吉崎誠二氏

     

    第1部では、経営コンサルタントで不動産エコノミストの第一人者である 吉崎誠二氏を講師に迎え、CRE(企業不動産)戦略について 最新の不動産市況や企業の自社保有の不動産活用について講演いただきました。

    はじめに、企業の不動産戦略と最近の傾向について。

    誰もが知る大手大企業でも 実は多くの企業が本業以外で不動産を保有し それらを活用し収益を上げることで経営を安定化させています。かつては、企業は不動産を「持たない」=身軽な経営 という流れでしたが、今は不動産を「持つ」流れになってきており、それは東京などの大都市だけでなく、地方へと広がっており、大企業のみならず、中小企業でも 本業以外に不動産を保有し、投資などの活用をする企業が増えています。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意

     

    最新の不動産市況については、 全国主要都市の地価公示推移や都道府県別 地価公示増減率(住宅地)ランキングなどのデータを解析しながら、沖縄が引き続き 地価公示増減率(住宅地)で全国1位であることや、平方メートルあたりの中古マンション成約単価も沖縄が全国的にも高値であること、中古マンションの成約価格・件数も安定して高値をキープしていることが分かりました。

    こうした背景を踏まえ、CRE(企業不動産)戦略とは何か、具体的にどういったアクションが必要なのか、依頼するパートナー企業はどんな企業がよいのか、また 不動産を活用した経営安定化戦略についてもお話いただきました。

    第2部「パネルディスカッション」吉崎誠二氏 × 大鏡建設 謝花喜彦

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

     

    第2部は、吉崎誠二氏と大鏡CREマネジメント研究所 謝花(大鏡建設)によるパネルディスカッション。
    第1部で CRE(企業不動産)について学んだ後は、実際にこれまで大鏡建設が手掛けたCREマネジメント事例をご紹介しながらのディスカッションです。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

     

    CREマネジメントとして 以下4つのアクション事例を中心にご紹介しました。

    1. 社有地(遊休地)の活用事例
    2. 低利用地の活用事例
    3. 新規購入での事例
    4. 賃貸活用の事例

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意[spacing height=

     

    今回も、実際の写真(CRE導入前・導入後など)を交えながら、

  • 依頼内容
  • 問題点・課題点
  • 提案内容(問題点・課題点をふまえ どのような提案を行ったか)
  • CREマネジメント組み立て図
  • 結果、どのような効果がでたのか
  • という 5つのポイントで謝花より説明させていただき、吉崎誠二氏には不動産エコノミストの目線からコメントをいただきながらのディスカッションです。

    大鏡建設では、これまで数多くのCREマネジメントをさせていただきましたが、改めて企業の不動産活用の方法は様々であることがわかります。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

     

    その他 大鏡CREマネジメント研究所の提案資料・レポートのご紹介

    最後に、実際にCREマネジメントを導入する際の
    ・ヒアリングシート
    ・各種分析シート(現状分析、経営分析等)
    などを公開し、

    どのようなフローで、どのようなデータをもとにマネジメントしていくのか、
    その企業のどこを「企業価値」として見出していくのか、をご説明させていただきました。

    参加企業様からの声(アンケートより抜粋)

    参加企業様に回答いただいたアンケートでは、

    「従来の不動産投資セミナーと違い、企業戦略としての内容で大いに関心あります」

    「詳しい内容説明や具体例の提示があり わかりやすかった。」

    「パネルディスカッションの事例紹介が大変参考になりました。」

    「沖縄県内での不動産の活用状況がわかった。」

    「いろいろなデータを活用した説明で 不動産投資の有意義性がわかりやすかった。」

    「情報量の多い内容をポイントをおさえて教えていただけたのでわかりやすかった。」

    などのご意見をいただきました。ありがとうございました!

    次回 フォーシーズンセミナー開催について

    次回の大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.3 は以下で予定しております。

    ■ 大鏡CREマネジメント研究所 フォーシーズンセミナー vol.3
    日時:2018年5月23日(水)14:00~ (予定)
    場所:沖縄県立博物館・美術館(1F 美術館講座室)予定

    内容等 くわしくは 大鏡CREマネジメント研究所webサイトのほか、公式facebook、公式twitter でご案内させていただきます。

    公式facebook

    公式twitter

    facebook や twitter では、セミナー情報のほか、CREに関するコラム・最新情報などを発信しております。
    ぜひ、いいね!やフォローをお願いいたします。

    大鏡CRE(企業不動産)セミナーvol.2|企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意|パネルディスカッション 大鏡建設 CRE事例紹介

    【企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意】大鏡CRE フォーシーズンセミナーVol.1 報告

    CRE(企業不動産)を最大限有効活用し「企業価値の最大化」を図るために

    大鏡CREマネジメント研究所フォーシーズンセミナーVol.1 が10月24日(火)沖縄県立博物館・美術館(1F美術館講座室)にて開催され、自社不動産の活用や投資、事業継承対策など 企業不動産について考えていきたいという企業の経営者の方々など 多くの企業様にお越しいただきました。

    第1部「企業が行う不動産戦略と不動産投資の極意」

    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1 吉崎誠二氏

    第1部では、経営コンサルタントで不動産エコノミストの第一人者である吉崎誠二氏を講師に、企業が自社所有の不動産をどう活用していけばよいのか、分かりやすく伝えていただきました。

    まずは最新の不動産市況について。
    全国主要都市の公示地価の傾向(増減率等)と沖縄の比較や、沖縄の中古マンション成約状況などのデータをもとに解説。全国の地価公示増減率(住宅地)ランキングでは、沖縄が堂々1位であり、平方メートルあたりの中古マンション成約単価も沖縄が全国的にも高値であることがよくわかりました。

    また、業績向上と不動産戦略の関係について実際の企業例などを挙げながら、会社の不動産戦略の指針について、
    そして そもそも 「CRE戦略とは何か」、実際にどんなアクションをしたらよいのか、また CREマネジメントを依頼する場合、どのような企業を選べばよいのか、など具体的に解説いただきました。

    県内では まだまだ言葉として馴染みが薄い「CREマネジメント」。吉崎氏の熱い講演に、会場の皆様は興味深く耳を傾けていらっしゃいました。

    第2部「パネルディスカッション」吉崎誠二氏 × 大鏡建設(株)

    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1 パネルディスカッション

    第2部は、吉崎誠二氏と大鏡建設(株)謝花(大鏡CREマネジメント研究所)によるパネルディスカッション。
    第1部でCRE(企業不動産)について学んだ後は、実際に大鏡建設がこれまで手がけたCREマネジメント事例8つをご紹介しながらのディスカッションです。

    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1

    CREマネジメントのアクションは企業の状況により様々ですが、今回ご紹介した事例は、

    1. 社有地の活用
    2. 低利用地の活用
    3. 新規購入
    4. 賃貸

    の4アクション8事例。

    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1 パネルディスカッション


    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1 パネルディスカッション

    イメージしていただきやすいように、各事例を

    • 依頼内容
    • 問題点・課題点
    • 提案内容
    • CREマネジメント組み立て(図式)

    の4つのポイントで整理し、写真を交えながら説明させていただきました。


    大鏡建設では、これまで数多くのCREマネジメント実績があり、ご紹介したものはその一部ではありますが
    改めて、企業の不動産は企業ごとに様々であり、その活用方法も様々であることが分かります。

    大鏡CREマネジメント研究所の取り組みについて

    最後に、大鏡CREマネジメント研究所の取り組みについてご説明させていただきました。


    大鏡CREマネジメント研究所 CREマネジメント相関図


    参加者の方々に回答いただいたアンケートでは、

    「CREというものについて勉強したくて参加したが、とても分かりやすかった。」

    「不動産投資の展望が描けた。」

    「事例紹介が非常にわかりやすく、興味深かった。」

    「パネルディスカッション形式がよかった。普段聞けない裏話的なことも聞けてよかった。」

    「この様な形式のセミナーをもっと開催してほしい。」

    などのご意見をいただきました。ありがとうございました。

    次回 フォーシーズンセミナー開催について

    次回の大鏡CREマネジメント研究所・フォーシーズンセミナー Vol.2 は以下で予定しております。

    【大鏡CRE フォーシーズンセミナー Vol.2】
    日時:2018年2月21日(水)14:00~ (予定)
    場所:沖縄県立博物館・美術館(1F美術館講座室)予定

    内容等 くわしくは 大鏡CREマネジメントwebサイトのほか、公式facebook、公式twitterでご案内させていただきます。

    公式facebook

    公式twitter

    facebookやtwitter では、セミナー案内のほか、CREに関する最新情報なども発信していきますので どうぞお見逃しなく。

    大鏡CREマネジメント研究所セミナーVol.1